株主優待と税金はどのような扱いか?

株主にとって株主優待は非常に嬉しいものです。
会社によっては非常に価値のあるものが配布されたり、利益性の高いものが配布されたりと言ったこともあるため、その優待を目当てに株式を購入していると言う人も少なくありません。
単純に株式投資を行い利益を得る場合とは異なり、事前にもらえるものが決まっているため非常に利用しやすいと言うメリットもあります。

ただし株主優待が課税対象である事はあまり知られていません。
株主優待による収入は法律上は雑所得となるためその価値に応じて所得税を支払わなければならない決まりとなっています。
雑所得は法律上サラリーマンは20万円以上、専業主婦は38万円以上の収入がある場合に申告しなければいけないものです。
しかし、株主優待は現金ではなく様々な物品や特典としてもらうことが多いため、その価値を判断するのは難しいことから無申告となってしまうことが多いのです。

株主優待で商品券などをもらった場合、その税金については額面で判断することが一般的と考えられていますがそうではありません。
現金の場合には額面の金額がそのまま収入となるためその金額で税金が計算されますが、商品券等の場合には金券ショップなどに持ち込んだ場合額面の金額で買い取ってもらえることが少ないものです。
そのため実際の課税対象となる価値の計算が非常に難しいものとなり、実際にはほとんどの人が無申告となっているのが現状です。

また株主優待は物品や商品券をもらうだけでなく、様々なサービスの形で提供されることも少なくありません。
この場合にはますますその価値の計算が難しくなってしまう上、実際に資産として残らないものも非常に多いので課税対象として扱いが難しくなっています。
税金は一般的に申告を行う時点での資産が大きなポイントになりますが、株主優待は権利確定日と言うものがあり、この日に株主となっているかによって受けられる優待の種類が異なります。
その為、課税対象となる金額の確定がますます難しくなるのです。

株主優待の魅力はすごい

株主優待の魅力は普段は手に入れることができない様々な商品を手に入れることができたり、サービスを受けたりすることができることです。
一般的に多くの企業では株主向けに市販されていない商品が配られることも多いのです。
それによって非常に特別な待遇を受けていると言う優越感に浸ることができるほか、その会社の商品を特別に安く購入する権利を得ることができたり、様々なイベントに優先的に参加できるといった権利を持つこともできます。
その特典は企業により様々ですが、中には出資した金額以上の得点を得ることができる場合があり、その権利を求めて株式を購入する人も多いのです。

株主優待の魅力はそれだけではありません。
特に多くの企業では株主向けに特別の様々なものを準備することが多く、商品を販売している会社であれば株主向けの特性の商品を用意し無料で配布したり、特別な待遇を用意するケースも少なくありません。
株主以外では手にすることができない商品を無料で手に入れることができたり、体験することができない体験を株主であるためにすることができる場合も多いのです。

株主優待の中でも特に魅力的なのが様々な商品やサービスの優先的な購入です。
大手の輸入販売会社や旅行会社などに多い特典ですが、限定して輸入された商品を予約販売する際に、株主優待として先行で予約を行い、これで残った場合に一般に予約を行うといったケースもあります。
さらに株主の場合には一般よりも安い金額で購入することができるケースもあるため、受ける恩恵は非常に大きなものとなります。

株主優待は株主だけが得ることができる権利であり、一般の人では手にすることができない特典や恩恵を得られる、非常に優遇された権利であると言うことができます。
ただし権利確定日に所定の条件を満たしていないとその恩恵を受けることができないため注意することが大切です。